糖尿病の指標|目に良いとされるルテイン|サプリメントで無駄なく摂取するのが一番

目に良いとされるルテイン|サプリメントで無駄なく摂取するのが一番

男女

糖尿病の指標

錠剤

糖尿病とは血糖値がコントロールできなくなった状態なので、血糖値を調べることで糖尿病かどうかを調べることができます。ただ、血糖値は前日の食事の内容により変動しやすいです。なので、前日に血糖値が上がりやすい食事をしていると健康なのに糖尿病と診断されたり、逆に血糖値を下げやすい食事をしていると糖尿病なのに健康だと診断されてしまいます。そのため、今は糖尿病の診断にはヘモグロビンa1cの値に注目するようになっています。ヘモグロビンa1cは前日の食事内容で作用されにくいという特性があります。なので、その人の1か月程度の平均的な血糖値を推察することができるので、糖尿病の判断基準になります。人間ドッグ前は、どうしても健康的な食事をしてしまいがちで糖尿病を見逃されていた人でも、ヘモグロビンa1cを見ることで医師もごまかされずに正しく診断できます。

ヘモグロビンa1cを下げるためには、血糖値を下げる食事と同様に、血液をサラサラにする成分やコレステロールを排出させる成分がある食品を食べることが大切です。具体的には、緑黄色野菜や海藻、青魚や鶏のささ身などを多くとることが効果的です。ただ、ヘモグロビンa1cを下げるためには少なくとも1か月は、食事に気を付けた生活をしなければなりません。海藻や青魚を毎日とることは難しいですし、野菜も嫌いなものだと食べ続けることはできません。そういう時は、サプリメントを利用するのもおすすめです。サプリメントであれば、必要な栄養素を手軽にとることができます。気軽に飲める分、用量をよく守って、過剰に摂取しないことが大切です。例えば、青魚に多く含まれるDHAやEPAを抽出したサプリメントなら、通常時は用量通りに、青魚を食べた日はサプリメントを控えるか、もしくは少なめにするかにして、バランスを保つように気をつけます。